ゴルフ 飛距離 アップ

ゴルフで飛距離を10パーセントアップさせる方法

ゴルフを楽しむためには飛距離をアップさせることが大変重要であり、特にドライバーの飛距離をアップさせることができれば楽にスコアメイクできることとなります。そこで特に飛距離が落ちてきたと感じる場合には、ぜひ見直しておいて欲しいポイントについて解説していきます。

 

まず基本的なスイングがしっかりできていることが前提となるのですが、再度しっかりと体重移動ができているのかを見直したいものなのです。もちろん過度の体重移動はスイングバランスを崩してしまいますのでお勧めしませんが、飛距離をアップさせるためにはスイング中の体重移動を正しく行いたいものなのです。

 

そしてタイミングよく体重移動を行いますとスイングパワーをロスなくボールに与えることができますので、体重移動がおろそかな場合と比較して格段に飛距離がアップすることになるのです。当然のことながらこの体重移動はボールの進行方向に向けて行うものであり、最初右側の足に乗せていた体重を左側へ移動させるものなのです。

 

それからコツとされているのが右ひざの動きであり、体重を右側から左側へ移動させるタイミングで右ひざを左ひざへ寄せるようにすると、頭の位置が上下することなくしっかりと打つことができるのです。このひざの動きはダウンスイング時に行うものであり、バックスイングでためておいたパワーをしっかりとボールに伝えるための大切な動きとなるのです。

 

この一連の動きがスムーズにできている場合にはフィニッシュ時に左足への体重移動が完了しているはずであり、そこに回転運動も加わってゴルフ独特の美しいフィニッシュポーズとなるのです。また体重移動がスムーズでなかった場合に考えられるミスとしましては、トップしてしまったり逆にダフってしまったりするのです。

 

それから体重移動が完璧で回転運動もしっかりできているのに飛距離が出ないと悩んでいる人は、思い切ってゴルフクラブを最新のものにチェンジしてみるのも良い方法とされているのです。キャロウェイやテーラーメイドおよびタイトリストなどからは、飛距離アップを実現させるべく最新のテクノロジーを満載したモデルが発表されております。

 

参考:50代からでも飛距離が伸びるゴルフドライバーランキング

 

そしてゴルフショップの店員に相談することも有効な方法であり、自分の現在における体格に最も適合したゴルフクラブを選択することが可能になります。もし何年もゴルフクラブを変更していない場合には、年齢による体形の変化にクラブが合っていないケースもあるとされているのです。

 

力がなくても飛ぶドライバーはHAYABUSAの高反発ドライバー!